ジャニーズインフォ

ジャニーズファンのためのデフォルトサイト

V6三宅、ゲスト出演した「キスブサ」を熱く語る 「いつまでもブサイクであり続けてほしい」

   

8月22日放送の「三宅健のラヂオ」(bayfm)で、先日三宅くんがゲスト出演した「キスマイBUSAIKU!?」について語られました。

2013年4月に放送開始した「キスブサ」ですが、その年の7月には三宅くんがこのラジオで「面白い。よくできてるよ」「最っ高にくだらない番組だね」「あれ出たいわ」などと絶賛していました。

念願叶って8月7日放送回にゲスト出演した三宅くんですが、「いかんせんキスマイの子たちと全くもって接点がないので、当日のスタジオでのトークどうしようかなって結構考えてたんですけど、向こうもあんまり接点がないから、どういう感じで突っ込んだりしていったらいいんだろうなって思ってたのかなって何となく空気で伝わってきた」と、ちょっと「絡みづらさ」も感じていたといいます。

三宅くん持ち込みのテーマ「彼女を最高にキュンとさせるキス」で対決し、三宅くんは2位という結果に。「難しかったな~。難しかったよ。やるんだったら1位か最下位しかないと思ったんだけど、2位っていうすごい中途半端なところにいっちゃった」と、若干後悔の残る結果になった様子。

出演者側になってみて、キスブサの難しさも実感したようです。

「やっぱ万人受けしなきゃいけないから。誰もが喜ぶシチュエーションって結構難しいと思うんですよ。自分のことを好きだって言ってくれる人たちだったらOKのラインが広いというか、『あ~いい、これが萌える』なんて範囲が広いと思うんですよ。でもそうじゃない人たちが見て、素敵だなって思えるものは結構ハードルが高いんじゃないかな」

「基本一発撮りなんですよ。マイコちゃんって相手役の女の子とも初めて会うし、スタッフさんとも初めてだから、一応どんなことをやりますっていうのは伝えるんだけど、この角度で撮っておいてほしいなってスタッフさんに伝わってないと、なかなか自分の意図してる感じにはならないから、絵コンテを書いて『ここで寄ってください』とか『ここでこの角度から撮ってください』なんてことを指示しないといけないレベル」

「カメラマン一人だけ残して、基本スタッフの人たち周りにいないんですよ。シチュエーションを撮影する間。それが恥ずかしいったらありゃしないっていう。出会って1時間も経ってない女の子とキスするんですよ。恥ずかしかったな」と、撮影の裏側を交えつつ感想を語っていました。 続きを読む

 - Kis-My-Ft2

×
プロベラ