ジャニーズインフォ

ジャニーズファンのためのデフォルトサイト

元SMAP3人の“店じまい”で注目される今後の身の振り方

   

1: 2017/09/06(水) 08:51:04.18 ID:CAP_USER9
契約満了を迎える8日にジャニーズ事務所を退所する稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾3人のサイトを8日をもって閉鎖することを4日、同事務所が公式サイトで発表した。

同サイトでは3人のページにそれぞれ「お知らせ」と告知。「2017年9月8日をもって当社との専属契約が満了いたします。
それに伴い、同日に当社サイトにて展開しております当該タレントのサイトを、閉鎖することとなりました」とつづった。

続けて、「長きに渡り、皆さまより温かいご声援を賜りましたこと、タレントをはじめ、スタッフ一同大変感謝しております」と3人のファンに感謝。
「これからも、それぞれの活躍を温かく見守っていただけますと幸いです」と、退所後の3人の支持を呼びかけた。

「もっと小規模な事務所なら退社後もプロフィールが残っていたりするが、3人の場合、大々的に告知され、
さらには、ファンにとっての影響力が絶大なだけに、早々に“店じまい”することを決めたようだ」(芸能プロ関係者)

そこで気になるのが退所後の3人の窓口。発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)によると、ある映画プロデューサーが稲垣にオファーを出したところ、「弁護士から連絡させます」と言われたという。

SMAPについていた事務所スタッフをデスクに置いてオファーを受け、弁護士と相談して仕事を受けるかどうかを判断するという、アメリカのようなエージェント方式で仕事を受ける体制。

ただし、万が一のジャニーズタレントとのバッティングによる軋轢を避けるため、
稲垣側から直接営業をかけることはせず、あくまでオファーに対してイエス、ノーを返答するだけでしばらく新規の仕事は受けないというのだ。

「3人とも基本的にはそういう体制を敷き、ほとぼりが冷めたところで元チーフマネージャーのI女史が設立した新会社が窓口になるとみられる」(芸能記者)

退所後、しばらくは放送継続が決まっているレギュラー番組以外で3人にお目にかかる機会は少なくなりそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1352079/
2017.09.05 20:30 リアルライブ

続きを読む

 - その他

×
プロベラ