ジャニーズインフォ

ジャニーズファンのためのデフォルトサイト

KinKi Kids、関ジャムで衝撃告白!?「関ジャニ∞の歌なんて…」「長瀬はドックフード食べてる」

   

8月27日に放送された「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日)にKinKi Kidsがゲスト出演。キンキの楽曲を手がける音楽プロデューサー陣が「KinKi Kidsの音楽的ヒミツ」を語った。

豪華プロデュース陣が語る「KinKi Kidsの音楽的ヒミツ」


コメントを寄せたのは、ヒット曲「ボクの背中には羽根がある」を作曲した織田哲郎、久保田利伸やTHE YELLOW MONKEYの吉井和哉、そしてキンキの楽曲を数多く手掛ける堂島孝平といった豪華面々。キンキの歌声や音楽性について、それぞれ以下のように話した。

織田哲郎:哀愁と品の良さを持つ歌声
久保田利伸:ファンクとロックの融合
吉井和哉:70年代エロス
堂島孝平:1人に聞こえる歌声

また、2人とジャニーズJr.時代から25年来の付き合いだというTOKIOの長瀬智也は、キンキの音楽的ヒミツを「ドラマチック」と回答。「KinKi Kidsらしさの世界観を昔から感じてる」「『いいな』って羨む部分はあったかもしれないですね」と同世代ならではの目線でコメントした。

「光一くんが女性だったら恋人としてアリ?」に回答


さらに長瀬は、同級生で親友でもある光一とのエピソードを披露。自宅に箸がなかったという長瀬は、「すぐ電話して『光ちゃん!』って。『なんか箸ない?』ってピンポーンって押して。割り箸ではなくちゃんとした箸をくれたんですよ。しかもペアで! 独り身の男にペアの箸を。両方とも使ってますよ。僕が。ペアですけど!」と、光一にペアの箸をもらったと話し、スタジオを驚かせた。

また、「光一くんが女性だったら恋人としてアリですか?」というスタッフの質問に対し、「見た目とかは違うじゃないですか。一緒にいるときの感じ、楽な感じとか心地が良いとか。そういう要素を携えた女性だったらアリっていう話です」と前置きした上で、「みなさんの頭の中では俺と光一くんがチューしてるみたいな、そういう画を想像してるわけでしょ? そういうことじゃないから! 僕の中ではああいう存在の女性がいたら全然オッケーですよ」と回答。「結局ありなわけ!?」とツッコミを入れながらも、どこか嬉しそうな光一だった。 続きを読む

 - 関ジャニ∞

×
プロベラ