ジャニーズインフォ

ジャニーズファンのためのデフォルトサイト

二宮和也、大野智特製“銅のマグカップ”を大切にする理由を明かす

   

12月24日のベイエフエム「Bay Storm」にて嵐の二宮和也くんが、「嵐にしやがれ」で大野智くんから貰った“銅のマグカップ”について語りました。

銅のマグカップとは


遡ること二年半前、2015年7月25日オンエアの日テレ系「嵐にしやがれ」でのこと。“大野智の作ってみよう”コーナーでは、大野くんが同年6月17日に32歳の誕生日を迎えた二宮くんに誕生日プレゼントを送ります。

その代物こそ、“銅”で作ったマグカップ。大野くんはその道のエキスパートに弟子入りし、四苦八苦のすえ特製マグカップを完成させたのです。

マグカップ底の裏面には愛称の“NINO”と当時の年齢を意味する“32”の刻印が入った、まさにイッテンモノでした。

マグカップのその後


さて。12月24日の「Bay Storm」に話は戻ります。リスナーから“その後、マグカップはどうしてますか?”というメッセージが寄せられると、こう切り出した二宮くん。

「あれは、飾ってます。いつも見えるところに。だって、あの巨匠・大野智が作った“作品”ですよ?数々の物を生み出してきた大野作品の中の一つですから。なんかあったときのために、とっておかないと。わからないけど、私が何か起きた時に」

使わずに大切に飾って保管しているとのこと。芸術家“大野智”が制作した“作品”の一つと捉えているとのことです。

「『これは、あの“大野智”が作ったんだ』って。テレビでも出てますし。本物の認定はあるわけだから。それは、やっぱりねー。俺だって、別に売りたくはないよ。俺だって、それは売りたくはないよ。でも俺に何が起こるかなんてのは分からないから。俺にだって、一寸先は闇なんだから」

二宮くんいわく、銅のマグカップはいずれ骨董品のように値打ちが出てくるものと期待。自身が万が一金銭に困ったときには、やむなく手放すのだそう。 続きを読む

 -

×
プロベラ