ジャニーズインフォ

ジャニーズファンのためのデフォルトサイト

(動画)KinKi Kids、ジャニー喜多川社長とのエピソード明かす

   

写真拡大   KinKi Kids の堂本光一と堂本剛が、13日に都内で行われた「デュオ ザ クレンジングバーム」新CM発表会に出席。クレンジングにちなんで、洗い流したい過去のエピソードを聞かれた、いずれもジャニーズ事務所の代表取締役社長であるジャニー喜多川氏とのエピソードを挙げた。  9月14日よりオンエアとなる新CM「デュオ本兄弟/とろけてナイト」篇では、人気歌謡デュオ「デュオ本兄弟」として登場し、昭和歌謡風の楽曲を披露する光一と剛。二人は会見でも、デュオ本光一&デュオ本剛というCMのキャラクターで登場し、剛は「デュオ本兄弟としては初めてのCMソングですから、デュオ(どう)してもヒットしていただきたい思いはありますよね」とアピールした。  洗顔にかけて「洗い落としたいエピソード」を披露するコーナーでは、それぞれジャニー喜多川社長とのエピソードを紹介。剛は寮生活時代、社長の車に乗っていたところファンが追いかけてしまい、社長がたしなめようと車を降りた際の出来事を挙げ、「(社長が)『ダメだよ』と坂道を下っていったはいいけど、片方のサンダルが脱げてしまって。僕がサンダルを拾ったので届ければ良かったのに、社長が(片方)裸足と(片方)サンダルで坂道を上っていると思ったら、めちゃめちゃおもろいと思ってしまって……」とそのときの自身の対応に後悔している様子。  すかさずMCから、今のエピソードは使えないのではないかと心配されると、剛は「ジャニーさんのネタをやりだしたのは僕ですから大丈夫です。(社長は)『何でだよ』って言いながら喜んでいるので大丈夫です」とキッパリ。  光一も「ジャニー氏の家にあった高級肉を勝手に焼いて食べたら怒られた」と振り返り、最後に剛は「人間って、そういう些細なことが毛穴に詰まってるんだよ。洗顔しているとサンダル(のエピソード)を思い出して、申し訳なかったなと」と商品にちなんだ落としどころで見事にまとめていた。(取材・文:中村好伸)

 - 未分類

×
プロベラ